g-navi

HOME > 採用情報 > 地熱部門

地熱部門

地熱部とは

地熱エネルギーは、二酸化炭素の排出量が少なく地球温暖化対策に効果的で、しかも火山国である我が国の貴重な国産エネルギーです。九州電力㈱ではこのエネルギーを発電に利用する技術開発に取り組み、当社はその技術開発の中枢を担う技術コンサルタント会社です。地熱部は、地熱発電所などの新規建設や維持のための資源調査・掘削工事監理・地上配管等の基本設計のコンサルタント業務を、国内及び海外で実施しており日本国政府機関(JICA,JETROなど)が実施するプロジェクトに参画しています。

原子力イメージ01

地熱部の実績

大分県にある九州電力㈱大岳地熱発電所や八丁原地熱発電所の建設に携わるとともに、建設後の地下資源及び地上設備の維持・管理等の業務を行っています。また、平成19年度から平成21年度3ヵ年で新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)から受注して鹿児島県指宿市の池田湖東側で地熱開発調査を実施しました。さらに、地球温暖化対策の一環として、途上国での再生可能エネルギーの開発に対して政府が積極的に支援する地熱発電開発調査をインドネシア、ケニア、ペルーなどの途上国で実施しています。[その他の実績]