g-navi

HOME > 技術情報 > 防災

防災

防災

自然災害の被害は例年全国で繰り返されています。自然災害から社会を守っていくためには、これまで以上に高度な災害リスク評価およびその管理が求められるようになってきました。一方社会資本整備の世界においても、変容する社会情勢や土木設備の老朽化の進行などにより、シビアな評価と対応が必然となっています。これらの社会要求に応えるためには、災害危険箇所調査や設備点検結果等の基礎データの効果的な活用と、先端の数理的手法による客観的かつ高精度なリスク評価法を組み合わせて対応することが有効です。当社ではこれらの技術を駆使し、効率的な事業計画の策定支援に貢献します。

地域環境整備

技術情報

  • 効率的・効果的な事業優先度の評価手法(包絡分析法)詳しく見る
  • RBFネットワークによる警戒避難基準雨量の設定方法詳しく見る
  • SVM(サポートベクターマシン)による災害リスク評価
  • SVM(サポートベクターマシン)による設備補修要否度判定
  • 砂防基盤図作成・基礎調査の実施
  • ハザードマップの作成詳しく見る
  • 災害に強い地域づくり支援(DIG)詳しく見る
  • 火山活動リスク評価

受注実績

九州電力

平成26年度 水力発電所 ダム上流域の土砂・流木生産リスク評価業務
発電設備周辺斜面についてのリスク検討業務
平成25年度 九州北部豪雨前後の出水傾向検討業務
濁水運用に伴う設備管理リスク概略検討業務
水力発電所導水路損傷に伴う地質調査解析業務
平成24年度 耳川水系土砂流入に関する調査解析業務
水力開発地点計画に伴う土砂災害リスク情報収集分析業務

官公庁

平成26年度 宮崎県:土砂災害防止法に基づく基礎調査業務
長崎県:土砂災害防止法に基づく砂防基礎調査業務
福岡県:公共事業優先度評価検討業務
福岡県:砂防事業実施優先度評価業務(北九州県土管内)
熊本県:土砂災害防止法に基づく基礎調査照査業務
平成25年度

壱岐市:壱岐市管内道路ストック総点検業務(法面等)
宮崎県:土砂災害防止法に基づく基礎調査業務
福岡県:土砂災害防止法に基づく告示図書作成業務
福岡県:所管事業の円滑化に資する業務(事業優先度評価)
熊本県:土砂災害防止法に基づく基礎調査結果照査業務

平成24年度 福岡県:土砂災害法に基づく基礎調査結果照査業務
福岡県:土砂法による区域指定に係る住民説明会補助業務
熊本県:砂防基盤図作成業務
佐賀県:道路斜面防災事業優先順位検討業務
熊本県:土砂災害防止法に基づく基礎調査結果照査業務

民間

平成25年度 国際リニアコライダー第1次脊振地域追加地質調査の支援業務
ケニア国地熱開発のための能力向上プロジェクト
平成24年度 土砂災害広報・啓発資料作成業務

お問い合わせ

お問い合わせはこちら