g-navi

HOME > 技術情報 > 解析

解析

耐震環境シミュレーション

近年巨大地震やゲリラ豪雨の頻発による安全安心に対する社会的欲求や環境意識の高まり等により、事業を計画、評価する上で、数値シミュレーションに対する期待が以前にもまして高まっています。
我々のグループはシミュレーション技術を用いて土木分野の様々な問題解決に取り組んでいます.例を挙げれば、構造系では、原子力発電所土木構造物やダムの耐震性評価、地下空洞の安定問題、有効応力解析による液状化評価、コンクリート構造物の性能設計等、水理系では地下水流動、津浪解析等、その他、GISを用いたシステム開発等です。これらのシミュレーション技術を駆使し、土木設備の建設や維持管理に貢献します。

解析

技術情報

  • 耐震
  • ダムの耐震性能照査
  • 火力・原子力発電所屋外重要土木構造物の耐震性評価
  • 津波シミュレーションによる防災検討
  • サイト特性を考慮した地震動評価
  • サイト特性を考慮した地震動評価
  • 地盤・構造
  • 土木構造物の基礎地盤安定性評価
  • 軟弱地盤の圧密沈下解析
  • 大規模地下空洞の安定性評価
  • マスコンクリートの温度応力解析
  • 地下水流動
  • 地下水保全対策検討
  • 地下水流動解析による周辺への影響評価
詳しく見る
  • GIS技術
  • 環境影響を評価した施設の地点選定
  • 施設・構造物の地震リスク評価
詳しく見る
  • その他
  • 敷地造成・基礎掘削時の発破振動解析

受注実績

九州電力

平成26年度 地震・津波被害想定データに基づくGISによる施設ハザード評価業務
平成25年度 ダム周辺河川等に関する河川環境評価検討業務
リモートセンシングを用いた流域水理解析のための植生解析業務
地震、津波に対する影響評価業務
水力発電所洪水吐ゲートほか耐震性照査業務
自然災害におけるダム安全性評価検討業務
GISによる発電所の地盤情報データベースシステム(更新)
平成24年度 GISを活用した自然災害に関する施設ハザード評価業務
洪水吐ゲート他耐震性照査業務
火力発電所設備における液状化検討業務
フィルダム他耐震性評価業務

官公庁

平成26年度 (独)産業技術総合研究所:メタンハイドレードの生産に伴う坑井周辺力学挙動・広域地層変形シミュレータの開発および坑井の健全性評価業務
平成25年度 (独)産業技術総合研究所:メタンハイドレードの生産に伴う広域地層変形のシミュレータ開発及び生産井の健全性評価業務
(独)土木研究所:フィルダム動的解析における解析モデルの影響検討業務
平成24年度

(独)水資源機構:アースダム解析等業務
(独)水資源機構:ロックフィルダム非線形動的解析業務
国土交通省:衛星画像を用いた長期に亘るの森林の活性度モニタリング調査

お問い合わせ

お問い合わせはこちら