g-navi

HOME > 技術情報 > 解析 > 土壌・地下水環境調査と汚染対策調査 > 土壌・地下水環境調査と汚染対策業務の紹介

土壌・地下水環境調査と汚染対策業務の紹介

私たちの暮らしを取り巻く環境は、様々な生命・水・大気から成り立っていると考えられがちでした。ところが、意外にも足もとの大地については土や岩それ自体が本来持っている有毒性や人間活動による汚染によって、私たちの命の営みを脅かしている場合があると気づきませんでした。最近になって、人々が直面したいろいろな汚染問題が、実は土壌の汚染と真剣に取り組まないと解決できないということがわかってきました。地下水は土壌に育まれ、大気は土壌からもたちのぼって行くからです。特に、利用できる平地面積の少ない日本では、土地が汚染しているからといって、汚染をそのままにしてどこか全く別の土地を求めることはそう簡単なことではありません。

このような危機感を背景にして、平成15年度から土壌汚染対策法じまりました。西日本技術開発(株)は、九州電力グループが施行され大地の汚染浄化に対する真正面からの取組がはの主要な環境コンサルタントとして、30年以上前から環境リスクに取り組んできました。土壌環境についても経験豊富な様々な分野のスタッフが、住むための土地・生産するための土地そして生命のための土地とはどうあるべきかについて長い間携わってきた実績があります。

土壌・地下水環境調査と汚染対策調査へ戻る