g-navi

HOME> 技術情報 > 海外地熱プロジェクト関連 > 業務実績(主要地熱プロジェクト) > 業務実績(主要地熱プロジェクト/海外)

業務実績(主要地熱プロジェクト/海外)

| 海外プロジェクト  |

海外プロジェクト

マップを見る

国際投資機関および国際協力機関への登録

a) 海外
ADB : アジア開発銀行(登録 : 1972年1月)
IBRD : 国際復興開発銀行(登録 : 1978年4月)
IDB : 米州開発銀行(登録 : 1981年4月)
b) 国内
OECF : 海外経済協力基金(現 JBIC : 国際協力銀行)
EXIM : 日本輸出入銀行(現 JBIC : 国際協力銀行)
MITI : 通商産業省(現 METI : 経済産業省)
JICA : 国際協力事業団

2.主な海外業務実績

アジア

■トルコ

プロジェクト名 トルコ共和国ディキリ・ベルガマ地熱エリア地熱発電開発可能性検討調査
発注者 JICA(国際協力事業団)/トルコ政府
プロジェクト期間 1986年5月~1987年12月
プロジェクト概要 トルコ現地電力供給会社 MTA と協力し、ディキリ・ベルガマ地熱エリアのデータを集約するとともに、地質、地化学調査及び物理探査を実施して地熱構造モデルを作成した。その結果に基づき、本地域の地熱発電の開発可能性に関する報告書を提出した。

東南アジア

■フィリピン

プロジェクト名 フィリピン共和国レイテ地熱発電プロジェクト発電計画妥当性評価業務
発注者 EXIM(日本輸出入銀行)
プロジェクト期間 1993年9月~12月
プロジェクト概要 既存資料に基づいて第三者評価を行い、フィリピン共和国レイテ島トンゴナン地熱地帯におけるマヒアオ地区、サンバローラン地区、マリティボグ地区、マハナドン地区の地熱開発計画妥当性を総合的に検討し、プロジェクト・ファイナンスを検討するための基礎資料を提出した。
プロジェクト名 フィリピン地熱IPP事業タナワン地熱発電プロジェクト
発注者 九州電力
プロジェクト期間 1999年7月~2001年3月
プロジェクト概要 フィリピン共和国における地熱IPP事業の一環として、ルソン島タナワン地熱地域の既存資料・データを集約し、追加MT調査を実施して調査井の掘削位置を選定した。また、調査井の掘削工事監理を行い、坑井の生産能力(発電出力)を評価した。

■インドネシア

プロジェクト名 インドネシア共和国ディエン地域地熱発電プロジェクト
発注者 PLN(インドネシア電力公社) 融資 : ADB(アジア開発銀行)
プロジェクト期間 1985年12月~1991年7月
プロジェクト概要 現地コンサルタントAmythas Experts社と協力し、ディエン地域の地熱資源量を評価した。その結果に基づき、55MW×2基の地熱発電所と送電設備の開発計画(環境評価、経済性評価、入札仕様書の作成を含む)を策定した。

ロシア

■カムチャッカ

プロジェクト名 ロシア共和国カムチャッカ地熱発電及び地域暖房プラント開発可能性調査
発注者 ロシア政府 融資 : EBRD(ヨーロッパ復興開発銀行)
プロジェクト期間 1995年6月~1995年6月
プロジェクト概要 ロシア政府が計画しているカムチャッカ半島ムトノフスキー地熱エリアの地熱発電及び地域暖房プロジェクトに基づき、既存データを集約し、地熱資源量評価を行った。その結果に基づき、蒸気輸送システム、コンバインド地熱発電システム、地域暖房システムの設計及び環境評価、経済性評価を行った。

中南米

■グァテマラ

詳しく見る

プロジェクト名 グァテマラ共和国スニールⅡ地熱発電プロジェクト開発可能性検討調査
発注者 INDE(グァテマラ電力公社) 融資 : IDB(米州開発銀行)
プロジェクト期間 1988年4月~1992年6月
プロジェクト概要 現地コンサルタントTELECTRO S.Aと協力し、約100?2に及ぶスニールⅡ地熱発電開発エリア内を対象に開発有望地域を抽出し、3本の調査井を掘削した。その結果を踏まえて開発重点域を抽出し、開発可能性調査のための基礎資料を提出した。
プロジェクト名 グァテマラ国アマティトラン地熱エリア地熱発電開発可能性調査
発注者 INDE(グァテマラ電力公社) 融資 : IDB(米州開発銀行)
プロジェクト期間 1992年3月~1995年4月
プロジェクト概要 現地コンサルタントTELECTRO S.Aと協力し、アマティトラン地熱エリアに深度2000mの調査井を4本掘削して噴出試験を実施した。それらのデータを用いて地熱資源量を評価し、 55MW地熱発電所の概念設計(蒸気熱水配管、送電システムを含む)と経済性評価を行った。
プロジェクト名 グァテマラ国アマティトラン地熱開発計画調査
発注者 JICA(国際協力事業団)
プロジェクト期間 1998年9月~2001年12月
プロジェクト概要 現地カウンターパートINDE(グァテマラ電力公社)と協力し、カルデラス湖西方に深度1700mの調査井を2本掘削して噴出試験を実施した。それらの結果を踏まえて地熱資源量評価、地熱発電所建設計画、環境影響評価および経済・財務評価を実施する。

■コスタリカ

プロジェクト名 コスタリカ共和国ミラバージェス地熱発電プロジェクト
発注者 ICE(コスタリカ電力公社)
プロジェクト期間 1986年12月~1994年4月
プロジェクト概要 ICEの地熱開発計画に沿ってミラバージェス地域の地熱資源量を評価し、その結果を踏まえて地熱発電所の建設に関わる開発計画、設計・施工監理、技術仕様書、入札仕様書の作成など、全般的な技術支援を行った。その結果、OECFの円借款プロジェクトとして55MW地熱発電所と36?及び33?の送電線が完成した。発電所完成後は、発電所の運転、維持管理に関する技術移転を行った。

業務実績(主要地熱プロジェクト)へ戻る